簿記の資格はどれだと就職が楽になるでしょう?

簿記の資格を持っていると、いうまでもなく就職での効果が期待できます。

とはいえ、まず求人を選ばないことには何もはじまりません。
簿記の内容とまったく関係がないような職種での求人では、いくら簿記の資格があることを履歴書に書いたとしてもおそらく考慮してもらえません。

簿記の資格が役立つ就職のあてといったら、やはり経理関係の業務でしょう。
経理や記帳といったポジションで募集をかけている企業にアプローチをとって簿記の資格があることをアピールすると、就職が一気に身近なものになります。
女性の場合でも、男性に向けて不利さを全く感じなくて済むことも、この手の職種のありがたい点ですね。

ここで重要なことは、やはり(日商)簿記の何級を持っているか、です。
日商簿記以外の簿記に受かっていても、多くの場合あまりアピールする力はありません。

簿記1級を受けるのは非常に時間と努力がいりますから、除外して考えるとやはり簿記2級の資格がほしいところでしょう。
簿記3級の資格については、新卒や第二新卒クラスの就職では多少はプラスになる可能性もあります。

簿記の試験に受かっていることを、採用試験受験の資格に入れているような会社や、簿記の資格があることを雇用の際のベター条件としているような会社では、普通は簿記の資格を求めるといったら、日商簿記の2級に受かっていることを就職選考の際に求めてきます。

これはちょっとシビアな話に聞こえてしまうかもしれませんが、今から簿記の資格を手に入れて就職で使いたいと思っている人たちは、日商簿記の2級に受かることを目指したほうがいいでしょう。

いきなり2級から受けるとなるとたいへんだと感じる人も少なくないでしょうから、3級から受けて2級を目指すという方法でも問題ありません。
もちろん、2級から受けても問題ありませんし、いきなり2級の勉強をゼロから初めて受かる人も多くいます。
ともかく4級はあまり受ける価値が(残念ながら)ありませんし、3級を受けて2級を受けるか、あるいは直接2級を受けるかという事実上の二択になるでしょう。

簿記の資格